ショップリード文

2019プレミアム受賞牛すきやき・ステーキ

鳥取県トップクラス指定農家のプレミアム鳥取和牛 鳥取和牛精肉箱ギフト仕様風呂敷付き のしメッセージカード無料 こんな方におススメします。直接手渡ししたい方。贈り先の好みと予定を知っている。目上の方へ 鳥取和牛トップクラス指定農家牛使用令和元年鳥取県畜産共進会W受賞。鳥飼畜産、山下畜産。

あかまる牛肉店の商品は、
社長の実家である鳥飼畜産を中心とした指定農場から仕入れています。
よい血統を選び、大切に育てられた鳥取和牛。自信をもっておすすめできる牛肉です。

鳥飼畜産のA4からA5ランクの出荷割合は93%とろける食感、さらっとした脂質ほどよい弾力性 悪玉コレステロールを抑えると言われるオレイン酸を多く含む希少な肉質の和牛を数多く生産しています。誕生から出荷までの一貫生産を30年。良質な脂質の血統を生み出す。  鳥取和牛が選ばれる理由。2017年肉質日本一鳥取和牛。白鵬の85の3

1966年に開催された第1回全国和牛能力共進会において、鳥取県畜産試験場所有の「気高号」が1等賞の栄光を獲得。
この品種が全国の和牛改良の基礎となり、やがて各県産ブランド牛の始祖として名を残すことになりました。2017年に宮城県で開かれた第11回和牛オリンピックでは、第7区にて鳥取和牛が肉質日本一の快挙を成し遂げました。

子牛価格日本一。受け継がれる高品質の血統

2020年の鳥取県セリ市場で、肉質日本一に輝いた白鵬(はくほう)の子「みどりのこ3」が855万4,700円の値を付けました。
これまでの鳥取県内での子牛セリ最高値、561万円を大きく塗り替えました。子牛価格日本一となり、鳥取和牛のブランド化が進みつつあります。

オレイン酸の脂質が、料理の風味を豊かにする

「気高号」の血統は、生まれながらにして脂質がよいことがわかり、
現在ロース芯の脂に占めるオレイン酸の含有量が55%以上の牛を「鳥取和牛オレイン55」としてブランド認定しています。
オレイン酸とは、「不飽和脂肪酸」の一種で、オリーブオイルや椿油に多く含まれる成分。植物性の油で、悪玉コレステロールを抑えると言われています。
オレイン酸を多く含む脂質は、ココナッツミルクのような香りがあり、シンプルに焼くだけでもこの香りをお楽しみいただけます。
鳥取和牛オレイン55は、全出荷頭数のうち20%ほどしか発生せず、非常に希少な肉として流通しているのです。


< 前のページ
次のページ >
3件 [ 1-3 ]

おすすめ商品